シチズンシップ共育企画

  • 団体概要
  • 役員・スタッフ紹介
  • 現在進行中の事業
  • 活動実績
  • 募集情報
  • 依頼について
  • 資料・レジュメ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

募集情報

終了したワークショップ


 日常的には「お盆=おやすみ」という感じですが、
 「お盆」というカタチ(儀礼)にこめられた意味や思いを探りつつ、
 「いのちのつながり」に思いを馳せたいと思います。
 (川中大輔)


数年の構想を経ていよいよ……
『仏教×ワークショップ』プロジェクト本格始動!!

…ネーミングすらまだ決まっていないこのプロジェクトは
アクティビスト、僧侶、教育者、仏教フリーク…等とその都度ターゲットを定め
手を変え品を変え、時には場所を変え、融通無碍に展開していく
ワークショップシリーズです。

メインファシリテーターは等覚院の僧侶、中島光信。
仏教を軸に、今後、日本文化系・教育系・市民活動系・芸術系…
と様々なアプローチを鋭意妄想中!
内容如何によって多彩なゲストとのコラボレートションをもくろんでいます。

第1回目のテーマは、ズバリ『お盆』。

7月5日(日)、初夏の薫風あざやかに抜ける等覚院にて、開催します。

ゲストに、「東のマーキー、西の川中」と称される東西の両ファシリテーター、
青木将幸さんと川中大輔さんを招聘!!お2人が当日どんな関わり方になるのか…
いずれにせよワクワクする場になりそうです。

対象は、
『阿修羅展』に足を運んだらその思想に打たれてしまった方、
仏教って興味あるんだけどどこから手を出していいのか判らない方…
そんな、「仏教に目が向き始めた人」と、
そして、僧侶の方!!!是非おこし下さい。
テーマは『お盆』です。

仏教初発心者と若手の僧侶が、1つの場に集い、それぞれの習わしを共有し、
その奥にある意義を見つめ合う。そんなグループができたらなと思います。

詳細以下をご覧下さい。

『仏教×ワークショップ』シリーズvol,1
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       『お盆』を考えるワークショップ
     ~承け継いだこと~護り継ぐもの~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

わたしたちの生活の中には、
それが溶け込んでいればいる程、馴染みがあればある程、
ジツはしらない。そんなものが沢山あります。

今回のテーマは、夏の風物詩ともいえる『お盆』。

『お盆』と聞いて何となく心に浮かんでくる風景もあるかと思います。
連休、田舎での風景、夜の匂い…

でもところで、そもそも『お盆』って何だろうか。
なんでナスとキュウリをお供えするの?
お墓参りはいつしてもいいのに、
「夏」の「お盆」を意識するのはなぜ…??

「かたちのあるものには意味がある。」そんな言葉があります。
では『お盆』のかたちの奥にある意味とは、どんなものでしょうか。

私事ですが、僕が寺の僧侶としてここ数年、お盆を迎える中で、
「あぁ!これがお盆の意義なんだ!」と腑に落ちたような瞬間があり、
また別の機会には、また違った発見がありました。
こうした経験から、『お盆』って、
一人1人の立場や境涯、年齢等によって意味合いが変わってくるものなんだろうな…
と今では感じるようになりました。

…そんな事から、本ワークショップではまず、
参加者お互いのお盆の作法の共有から始めたいと考えています。
それを糸口として、ディスカッションや坐禅(内観)を通して、
お盆の真義にフォーカスしていくような、そんな時間を育みたいと思います。

ゲストにお招きするのは、近年、『故人を偲ぶワークショップ』を設けている、青木将幸さん、
また大阪は應典院で『生と死の共育ワークショップ』を主催する、川中大輔さん。
今回のテーマは、この3人での何気ない会話からスタートしました。

あなたがこの夏、お盆を迎えるにあたって、
大切にしたい気持ち、心掛けたいことは何でしょうか。
それらが少し明確に腑に落ちるような、そんな機会となれれば嬉しく思います。

どうぞ、ご参加下さい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【『お盆』を考えるワークショップ~承け継いだこと~護り継ぐもの~】
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■日時
平成21年7月5日(日)13時~18時

■会場
天台宗 神木山 等覚院
(神奈川県川崎市宮前区神木本町1-8ー1)
http://www.tougakuin.jp/
http://www.tougakuin.jp/map.htm

JR南武線「武蔵溝ノ口駅」/東急田園都市線「溝の口駅」
/小田急線「向ヶ丘遊園駅」、それぞれからバス10分
(お車でお越しの場合は上記URLをご確認下さい)

■参加費
一般 3,000円 / 学生 2,500円

※参加費は当日、受付にてお支払い下さい。
※7月1日以降のキャンセルは、
キャンセル料を申し受けます。ご了承ください。
(7月1日以降=参加費の50%、WS開催当日=参加費の100%を)

■対象
 ・仏教に目が向き始めた方

 ・僧侶の方

 ・今一度、自分のルーツに立ち返りたい方

 ・人生の分岐点にいる気がする方

 ・介護・看護や青少年支援といったヒューマンサービス分野で活動されている方、
  ファシリテーターの方、「今」を謳歌している若い方

 ※通して参加できる方
 ※年齢、活動分野、テーマへの思い入れの深浅などは問いません。

■定員
 12名程度(申込順)

■プログラム

 12:45 受付
 13:00 オープニング
 13:30 仏式先祖供養の紹介
 14:00 セッション1「うちのお盆こんなです」
 15:00 <休憩>
 15:30 セッション2「お盆の真意って何だろう?」
 16:30 坐禅~内観
 17:30 ふりかえり
 18:00 終了

■主催:
 天台宗神木山等覚院

■共催:
 青木将幸ファシリテーター事務所
 シチズンシップ共育企画

■ファシリテーター(進行役)
●中島光信(天台宗等覚院)
http://www.tougakuin.jp/
 小学5年の時に比叡山にて得度授戒。高校卒業後、大学で芸術学を専攻するも、大学そっちのけで様々なボランティア・市民活動に没頭。そんな中、国際青年環境NGO・A SEED JAPANでの活動を通してワークショップ、ファシリテーションに触れ、そこに古来より寺・僧侶が担ってきた役割と共通するものを覚える。07年、比叡山にて四度加行から法華大会までを遂行、僧籍を授かる。現在大学院で仏教を学び乍ら、仏教×ワークショップ、ファシリテーションを模索中。

■ゲスト
●青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)
http://www.aokiworks.net/
 ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。友人のうつ病と死、娘の誕生などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」「故人を偲ぶワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。

●川中大輔さん(シチズンシップ共育企画)
http://homepage2.nifty.com/citizenship/
 兵庫県生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。03年に「市民としての行動力」の向上を支援するシチズンシップ共育企画を設立。弟や祖母の死と自分が向き合う中で「生と死の教育」の必要性を痛感。大阪は應典院で『生と死の共育ワークショップ』を主催するに至る。世の中を担う「おとな」になっていくために考えるべきことと向き合えるワークショップの開発が最近の関心。

■お申し込み&お問い合わせ先
 お申し込みの方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください。
 お問い合わせにつきましても、事務局までメールにてご連絡ください。

 事務局メールアドレス(担当:中島)
 nacazimacosin●gmail.com (●を@におきかえてください)

※申込メールの件名には「お盆WS申込」+お名前を入力してください
※講座の内容についての問い合わせなどもお気軽にお尋ねください。
※参加費は当日、受付にてお支払い下さい。

-------------------------------------------------------------
■申し込みフォーム
※メール件名=お盆WS申込(名前○○○○○)
○お名前(ふりがな):
○電話番号(緊急用なのでできれば携帯):
○年齢:
○性別:
○メールアドレス:
○普段のお仕事や活動:
○今回のワークショップに期待していること:
○この研修を何を通してお知りになりましたか?:
(例:××さんの紹介、○○のメールマガジンなど)
-------------------------------------------------------------
※申し込みをされた方にはこちらから「申込受理」メールを返信致します。

<個人情報の取扱い>
 記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、
 中島光信、青木将幸ファシリテーター事務所および
 シチズンシップ共育企画が利用します。
 個人情報は目的の範囲内で利用するとともに
 適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、
 本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。


お問合せはこちらから
 

ページトップへ