シチズンシップ共育企画

  • 団体概要
  • 役員・スタッフ紹介
  • 現在進行中の事業
  • 活動実績
  • 募集情報
  • 依頼について
  • 資料・レジュメ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

募集情報

2010年10月16日(土)~17日(日)

 無縁社会、という言葉が、最近よく聞かれます。
 人は社会で生きていく中で、様々な交わりを持ち、家族での縁のみならず、仕事での縁や地域の中での縁、サークル活動や市民活動を通しての縁など、様々な「縁(つながり)」を得ていくことになります。
 しかし、「看取り」の場面では、無縁化してしまうことが少なからずあるようです。なぜなのでしょう。私たちは、いま、どのような「縁」を、どのように育んでいるのでしょう。
 「生と死の共育ワークショップ」、4年目の今年は、こうした「看取りと『縁』」を巡るセッションになります。今回のメインゲストには、看取りの現場で寄り添われる、地域の診療所の看護師の方をお招きします。看取りの場で浮き彫りになる「縁」の結晶化や再生/新生、そして「縁」を巡る難しさの実際を目の当たりされています。その貴重なお話に耳を傾けながら、「私と看取りと『縁』」の問いを育んでいきます。
 どのような「縁」を育みながら、どのような「縁」の中に身を置きながら、私たちは生き、老い、死んでいくのか。誰に/どのような思いで看取られたいのか。
 こうした問いへの答えは「ひとつ」ではありません。その答えは人それぞれです。しかし、他者の考えや思いに触れ、そして、それに反応する自らの内なる声に耳を傾けてみると、「自分なりの答え」が豊かになります。これからの自分の「生きかた」をゆっくりと考える時間を一緒に持ちませんか? 
 ご関心のある方のご参加を心からお待ちしています。

日時:2010年10月16日(土)13時30分~10月17日(日)17時30分

会場:浄土宗應典院・大蓮寺(大阪市営地下鉄 谷町九丁目または日本橋駅下車徒歩7分)

参加費:一般 15,000円 / 学生 10,000円(食費・宿泊費を含まない)

*大蓮寺での宿泊も可能です(4000円追加徴収)。ただし、タオル類は各自ご持参ください。
*10月2日以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。(10月2日以降=参加費の50%、WS当日=100%のキャンセル料を)

対象

  • ・どなたでも参加できます。年齢、活動分野、経験などは問いません。
    ・自分の生き方/行く末をじっくり考えたい方、ヒューマンサービス分野で活動されている方、「今」を駆け抜けている若者の方、特にお勧めです。
    ・2日間通して参加できる方

定員:10名(先着順)

プログラム

※進行上、途中参加はご遠慮ください。

<1日目>
13:00受付
13:30 オープニング
14:00セッション1「わたしと看取り/わたしの看取り」
14:30 セッション2「看取りの現場から(1)」(ゲストトーク)
16:00セッション3「わたしと『縁』/わたしの『縁』」
18:00 ふりかえり
19:00 夕食(任意参加)
20:00 入浴(大蓮寺ご宿泊の方)
21:00プログラム終了・入浴
22:00 交流会(任意参加)
23:00 散会
<2日目>
09:00セッション4「逝きざまから生きざまへ(1)」
12:00各自自由に昼食
13:30 セッション5「看取りの現場から(2)」(ゲストトーク)
14:30 セッション6「逝きざまから生きざまへ(2)」
17:00 ふりかえり「明日に向かって」
17:30 終了
  • *プログラムは参加者の関心に応じて組み替えていきます。

ゲスト

 

○岡崎和佳子さん(菜の花診療所)

 大分県出身。山の中の小さな村で、野山を駆け回って育つ。看護学校を卒業後、しょうがい児施設、大学病院に勤務。1980年代後半に、「みんなで創ろう、みんなの診療所」の呼びかけに賛同し、学習会を経て1991年に「菜の花診療所設立準備会」をみんなで立ち上げる。全国より出資金をいただき、多くの方の熱意と温かい力で、1992年に菜の花診療所を開設。以後、「出かける医療」「そこに行けば何とかなる診療所」をスローガンに、外来や在宅の医療やケアーをスタッフとともに提供、奮闘中である。大事にしたい事は、「かけがえない存在としての個」、「この時、この場」。

 

○秋田光彦さん(浄土宗大漣寺・應典院)

 1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られる。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大蓮寺應典院住職。パドマ幼稚園園長。
 目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連。共著に『日本人と死の準備』(角川SSC新書、2009年)、『地域を活かすつながりのデザイン』(創元社、2009年)など。

ファシリテーター
川中大輔(シチズンシップ共育企画)

 兵庫県生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。01年から全国各地でNPOマネジメント研修や市民教育ワークショップなどのファシリテーターを担当。03年に「市民としての意識と行動力」を育む学びの場をつくるシチズンシップ共育企画を設立し、現在同代表。
 祖母の死との自分が向き合いきれなさから「生と死の教育」の必要性を痛感し、07年より「生と死の共育ワークショップ」を展開。自分も含め、今の若者は「生」とトータルに向き合う機会が少ないことに問題意識を持っている。最近は「まなぶ・はたらく・しぬ」という行為と社会との関係に関心を寄せ、ワークショップを企画していっている。上智大学日本グリーフケア研究所非常勤講師ほか。

青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所)
 ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。
 友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。
 現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。

主催:シチズンシップ共育企画

共催:大蓮寺・應典院、青木将幸ファシリテーター事務所

お申込み&お問合せ先

お申込の方は、下記フォームにご記入の上、事務局へお送りください。

申込先メールアドレス:
シチズンシップ共育企画(担当:川中)

※申込メールの件名には「看取りWS申込」+お名前を入力してください

※講座の内容についてのお問合せなどもお気軽にお尋ねください

 

申し込みフォーム
※メール件名=看取りWS申込(お名前○○○○○)
※送信先=

・お名前:
・電話番号(遅刻等、緊急用なのでできれば携帯):
・年齢:
・性別:
・メールアドレス:
・普段のお仕事や活動:
・所属先での活動内容と自分の役割:
・今回のワークショップに期待していること:
・10月16日(土)の宿泊:( する ・ しない )
・何を通してこの講座をお知りになりましたか?:
 (例:××さんの紹介、○○メールマガジンなど)

<個人情報の取扱い>

記載の個人情報は本セミナーの実施および今後の催事実施において、シチズンシップ共育企画および青木将幸ファシリテーター事務所が利用します。個人情報は目的の範囲内で利用するとともに適切な方法で管理し、法令上の特段の事情がない限り、本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。

ページトップへ