生と死の共育ワークショップ vol.9「ファシリテーターのあり方に宗教はどう影響しているか?」

 同じ年にファシリテーター事務所を立ち上げた青木将幸さんと私。折に触れてそれぞれの関心を共有して,一緒にワークショップの企画をしたり,プロジェクトを展開してきました。

 今年,「最近どう?」というところから広がったのは,ファシリテーターの「あり方」について。自らの「あり方」を形づくっているものを見つめ直すと,そこにはもちろん「お師匠さん」の影響が色濃くあったわけですが,,同時にそれぞれに異なる形で「宗教(的なもの)」が共通して見えてきました。

 そこで,「ファシリテーターのあり方に宗教はどう影響しているか?」この問いをみなさんに投げかけてみて,率直にどう思うかをやりとりしてみたいなあということとなり,今回の企画に至りました。

 もちろん,信仰を押しつけたり,勧奨することはいたしません。ただ,このやりとりが「あり方」を磨く場にもなるのではないかと期待しています。「おもろそう」と感じられた方やご関心ある方のご参加,心からお待ちしています!

●青木さんからのメッセージ●

僕はもともとお坊さんか仙人になりたかった。

いずれも、今も、僕が理想とするファシリテーター像に近い。ファシリテーションをするときにあつかっているのは人間。小手先の技術うんぬんではなく、そもそも、人間や人類というものをどういう存在として見ているか? が、大きく作用するのがファシリテーション。宗教や信心というのは「私たち人間は、こういうクセとか、弱いところがあるから、こういう安全弁をもっていましょうね」という要素がけっこうある。その宗教なり宗派や教祖や教団が人間をどうとらえ,どう律してゆくべきかがつまっている。だからこそ、宗教や信心がファシリテーションに大きな影響を与えているように思う。で、このたび集うファシリテーターたち自身は、宗教や信心をどうとらえ、どういう影響を受けつつあるかを自覚し、語り合い、それぞれを交わし合おうという企画です。

●川中からのメッセージ●

昨年,僕はクリスチャンとなりました。高校からミッションスクールだったとはいえ,実家は浄土真宗のお寺の檀家ということもあり,友人からは「なんで洗礼を受けたん?」とか「クリスチャンになって,なんか変わった?」としばらくの間,よく質問されることに(…僕はこういうことを聞かれるの全然OKです)。人生の中では大きな決断の一つでもあり,もちろん経緯は色々ありますが,「わたし」が自己・他者・社会をどの視座からどのようなものとして捉えて,どのように関わるのかという,自らの生き方を方向づけているものとして,自分の場合はキリスト教の影響が大きなものとなったからです。ファシリテーションは言ってみれば道具に過ぎないでしょう。その道具を何のために,どのように用いるのか。その問いに対して,自分なりの基軸を練り上げていく際には,宗教でなくても,何らかの信念や思想,哲学が必要となるのではないかと考えています。みなさんの基軸はどう練り上げられていっているでしょうか。青木さんや私も語りますが,いろんな問いを差し出しあえればと思っています。

■日時: 2017年12月9日(土)10時〜17時30分(開場:9時45分)
■場所:清光山 西正寺 (尼崎市上坂部3丁目36番8号)
(最寄:JR塚口駅徒歩10分)

■プログラム:
09:45 開場
10:00 オープニング
10:30 セッション1「宗教や信心をどう捉えているか?」
12:30 昼食休憩(各自ご持参ください)
13:30 セッション2「ファシリテーションにどう影響しているか?」
セッション3「歩みをふりかえり,語りあおう」
16:30 明日からの日常に向けて
17:30 終了
18:30 懇親会(任意参加)
21:00 解散

■ファシリテーター&スピーカー:
○青木 将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所代表)
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。95年よりNPO向けの組織運営トレーニングの開発とファシリテーションに関わる。企画会社ワークショップ・ミューで修行期を過ごした後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。子どものころから「お坊さんか仙人になりたい」と思い、仏典など読みふける。近年は、羽黒山伏として修験道の修行を展開している。

○川中 大輔(シチズンシップ共育企画代表)
1980年、神戸生まれ。1998年から野外教育や不登校児童支援、環境問題、まちづくり、社会事業家支援のNPOで活動。2001年からファシリテーターとしての仕事を始め,2003年にシチズンシップ共育企画を設立。市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントのワークショップを各地で担当している。高校でミッションスクールに通い,キリスト教と出会う。そこから20年間の求道生活の中でキリスト教が自らの生きかたの基軸となり,2016年に日本基督教団甲子園二葉教会にて受洗。2017年からは仏教系大学である龍谷大学社会学部現代福祉学科の教員に。最近は宗教と現代福祉の結びつきにも関心を寄せている。

■定員:15名(先着順)
■対象:テーマに関心があれば、どなたでも参加できます。
年齢やお仕事、人生経験などは問いません。

■参加費:5,000円

■主催:シチズンシップ共育企画
■共催:青木将幸ファシリテーター事務所
■協力:清光山 西正寺

生と死の共育ワークショップ vol.8「私の「生き方」に影響を与えた「10冊」を語り合おう!

ある本と出会いを通じて、
自分の考え方や動き方、あり方が大きく影響を受けること、
少なくないのではないでしょうか。
書き手の価値観に触れたり、読みながら勝手に対話したり、
本は、自分の小さな世界を大きくしてくれる
おもしろいメディアのひとつですね。
そこでこの度、自らの生き方に影響を与えた「大切な本」を
持ち寄って語り合うワークショップを開催いたします!
「どの本を持って行こうかな」と選び始めるところから、
このワークショップは始まります。
本を介して、自分の生き方を見つめ直したり、
他の方の生き方に触れたりする2日間、
ご関心ある方のご参加を心からお待ちしています!

■日時:2016年8月27日(土)10時〜17時30分(開場:9時30分)
■会場:シチズンシップ共育企画 図書室「恵知館」
〒661-0965 尼崎市次屋1-2-20ハイツアメニティ2-203

■プログラム
<1日目>
09:30 開場・受付
10:00 セッション1「わたしはどこで本と出会っているか?」
      どのように本を探し、どこで本を選んだり、読んだりしているのか、お気に入りスポットなどを分かち合いながら、まずは自己紹介。
    セッション2「わたしが出会った『10冊』ブックトーク」
      それぞれが自分の「生き方」に影響を与えた本10冊(以内)を紹介しあいます。その「影響」について、丁寧に語りに耳を傾ける時間も。
12:00 昼食休憩
13:00 セッション2の続き
    セッション3「仮設図書館の本を読もう!」
      セッション2で共有された10冊を並べて、仮設図書館をつくり、気になった本を自由に読む時間。
    セッション4「ふりかえり:これからの『生きる』へ」
       最後にふりかえりをして、終了!
17:30 終了
18:00 懇親会(任意参加)
*プログラムは参加者の関心に応じて組み替えていきます。
*進行上、途中参加、途中退出はご遠慮ください。

■対象:テーマに関心があれば、どなたでも参加できます。
年齢やお仕事、人生経験などは問いません。

■定員:10名(先着順です)
■参加費:無料(お茶・お菓子差し入れ歓迎)

■ファシリテーター
◎川中大輔(シチズンシップ共育企画代表)
 1980年、神戸生まれ。01年から一人ひとりの「声と力」が生かされる社会をめざし、市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントのワークショップを全国各地で担当。中高生の頃、「学ぶこと」の面白さを見失っていったのですが、高校の「読書科」という授業で、その面白さを改めて見いだしていくことに。読むことと仕事の結びつきも強くなり、気がつけば、家は本だらけ。共著に『シティズンシップで創る学校の未来』(東洋館出版社, 2015年)、『ソーシャル・イノベーションが拓く世界』(法律文化社, 2014年)など。

■主催:シチズンシップ共育企画

=====================================================================
Vol.8は当初「『お師匠さん』の教えをどう生きるか?」をテーマに2005年に実施予定でしたが,諸事情により開催されませんでした。参考までに用意された広報文を掲載しておきます。

テーマ:「『お師匠さん』の教えをどう生きるか?」

当会では2007年より、自らの「生きかた/死にかた」を見つめ直す、生と死の共育ワークショップを実施しています。第8回目となる今回は、「師匠との出会い」をテーマにして、以下の通り、開催いたします。

みなさんの「お師匠さん」は、誰でしょうか?
「よい師匠」との出会いによって、生き方が大きく動き、拓かれていきます。「よい師匠」との交わりによって、他者や社会、生活や仕事との向き合い方が変わり、そのための技にも磨きがかかります。

「よい師匠」との出会いが未来を拓く。今回のワークショップの企画をするために、青木将幸さんも私(川中)も自らの人生を振り返って、このことを改めて気づくことになりました。
*参考「よい師匠に出会おう!」(青木将幸さん)

そこで、今年の「生と死の共育ワークショップ」では、自分にとって「師匠」は誰だろうか。その教えをこれからの「生き方」にどういかしていこうか。今の「生きかた」を見つめ直した時に、自分が出会うべき「師匠」は誰だろうか。そのことを見つめ直し、考えるひと時を持とうということになりました。

中には「お師匠さん」が既に鬼籍に入られていることもあるでしょう。遺志をどのように継いで、亡くなられた「師匠」とどのように共に生きていくか。そのことに思いめぐらせる時間にもなるでしょう。
せわしない日常から少し離れてみて、自分と他者の声を丁寧に聴き、じっくりと生き方や働き方について思いを馳せる場を共にしませんか。

ちなみに、ワークショップでは、青木将幸さんからご自身の「師匠リスト」と、「若いうちに会っておきたい『お師匠さん』」をお示しいただくことになっています。青木さんの仕事のバックボーンに触れる機会にもなります。

ご関心ある方のご参加を心からお待ちしています。

■日時:2015年11月7日(土)11時〜8日(日)10時(開場:11/7 10時30分)
■会場:関西学院千刈キャンプ
*JR三田駅(宝塚線・福知山線)より神姫バスまたは阪急田園バス東部行き、羽束川(はつかがわ)下車(約20分)徒歩5分、もしくはJR三田駅よりタクシー約15分

■プログラム
<1日目>
10:30 開場・受付
11:00 セッション1「私の師匠は誰だろう?」
12:30 昼食(各自持参)
13:30 セッション2「私は師匠から何を学んだか?」
17:00 夕の散策
18:00 夕食
19:00 セッション3「師匠の教えをどう生きるか?」
21:00 入浴・情報交換会(任意)・就寝
<2日目>
07:00 朝の散策・朝食
08:30 セッション4「これからの『生きる』へ」
10:00 プログラム終了
*プログラムは参加者の関心に応じて組み替えていきます。

■対象:テーマに関心があれば、どなたでも参加できます。 年齢やお仕事、人生経験などは問いません。
■定員:15名(先着順)

■参加費:一般 15,000円/学生 10,000円(食費・宿泊費を含む)

■ファシリテーター
◎青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所)
1976年、熊野出身。2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立し、様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。娘の出産、知人の死、妻の病など、身の回りに起きる出来事をきっかけに、「生老病死」について、考えを深めたいと思い、関連するワークショップを展開している。2012年3月より淡路島に移住し、大きく生き方を変える。著書に『市民の会議術 ミーティングファシリテーション入門』(ハンズオン!埼玉、2012年)『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版、2013年)など。

◎川中大輔(シチズンシップ共育企画)
1980年、神戸出身。2003年に「市民としての意識と行動力」を育む学びの場をつくるシチズンシップ共育企画を設立。全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当。祖母や知人の死別などを機に、07年より「生と死の共育ワークショップ」を実施。「わたし」を大切にしながら、社会との関わりをつくっていく「生きかた」を実現するため、「まなぶ・はたらく・しぬ」という行為と社会との関係に関心を持っている。共著に『ソーシャル・イノベーションが拓く世界』(法律文化社, 2014年)ほか。

■主催:シチズンシップ共育企画
■共催:青木将幸ファシリテーター事務所

生と死の共育ワークショップ vol.7「死にかける → 生きなおす」

 「いやはや、死ぬかと思ったわ…」、そのような「死にかける体験」をされたことはあるでしょうか。あるいは、近しい方の「死にかける体験」に接しられたことはあるでしょうか。自分や自分に近しい方の「死にかける経験」は、自らの「生きる」を深く問い直す機会になります。

 「自分はなぜ、死なずにすんだのか?」「何をなすために生きているのか?」「これまでのように生きていって、ホンマにええんか。…」
 一度立ちどまって、自分の内なる声と深く出会う時間を持つことが、「自分の時間」を大切にする生き直しへとつながります。しかし、あれもこれもできると器用貧乏になってしまったり、周りからの刺激に反応しているだけで、自分の人生を過ごせていない、ということは少なくありません。

 せわしない日常から少し離れてみて、自分自身の声を丁寧に聴き、じっくりと生と死について思いを馳せる時間を共にしませんか。ご関心ある方のご参加を心からお待ちしています。

■日時:2014年10月4日(土)10時〜17時
■会場:賀川記念館4階メモリアルホール(神戸市中央区)

■プログラム
 09:30 開場・受付
 10:00 オープニング
 10:10 セッション1「死にかけた経験から何を学んだか?」
 11:10 セッション2「心を鎮めて、自らの生きるを考える」
 12:30 昼食(天国屋カフェ)
 13:30 賀川記念館見学
 14:00 セッション3「自分は何に時間を使っているのか?」
 15:50 休憩
 16:00 ふりかえり
 16:45 派遣のとき
 17:00 プログラム終了
*プログラムは参加者の関心に応じて組み替えていきます。

■対象:テーマに関心があれば、どなたでも参加できます。 年齢やお仕事、人生経験などは問いません。
■定員:15名(先着順)

■参加費:一般 8,000円/学生 6,000円

■ファシリテーター
◎青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所)
1976年、熊野出身。2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立し、様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。娘の出産、知人の死、妻の病など、身の回りに起きる出来事をきっかけに、「生老病死」について、考えを深めたいと思い、関連するワークショップを展開している。2012年3月より淡路島に移住し、大きく生き方を変える。著書に『市民の会議術 ミーティングファシリテーション入門』(ハンズオン!埼玉、2012年)『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版、2013年)など。

◎川中大輔(シチズンシップ共育企画)
1980年、神戸出身。2003年に「市民としての意識と行動力」を育む学びの場をつくるシチズンシップ共育企画を設立。全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当。祖母や知人の死別などを機に、07年より「生と死の共育ワークショップ」を実施。「わたし」を大切にしながら、社会との関わりをつくっていく「生きかた」を実現するため、「まなぶ・はたらく・しぬ」という行為と社会との関係に関心を持っている。共著に『ソーシャル・イノベーションが拓く世界』(法律文化社, 2014年)ほか。

■主催:シチズンシップ共育企画
■共催:青木将幸ファシリテーター事務所

生と死の共育ワークショップ vol.6「何のために宗教はあるのか?」

6年目を迎える、2012年度の生と死の共育ワークショップでは、「宗教」というものに向き合うことにいたしました。

そもそも何のために宗教はあるのでしょう?…豊かな生活のため?社会秩序の維持のため?国家のため?お金儲けのため?

混迷する時代の中で暮らす私たちにとって、宗教や信仰がある意味とは何なのでしょうか?

これらの問いを真っ正面から取り上げて、
仏教とキリスト教という2つの宗教に携わる方のお話しを聞きし、
「何のために宗教はあるのか?」を究めてゆこうと思います。

2日間、せわしない日常から少し離れてみて、
じっくりと死生観について思いを馳せる時間を共にしませんか。
ご関心ある方のご参加を心からお待ちしています。

■日時:2013年1月26日(土) 13時30分~1月27日(日)17時30分

■会場:浄土宗應典院・大蓮寺

■参加費(宿泊費・食費は含みません):
一般 15,000円 / 学生 10,000円

■対象:
・どなたでも参加できます。信仰の有無、宗派などは問いません。
・自分の生き方/行く末をじっくり考えたい方、ヒューマンサービス分野で活動されている方、「今」を駆け抜けている若者の方には、特にお勧めです。
・2日間通して参加できる方

■定員:15名程度(先着順)

■主催:シチズンシップ共育企画

■共催:大蓮寺・應典院、青木将幸ファシリテーター事務所

生と死の共育ワークショップ vol.5 「私はどう他者の悲しみに寄り添うか?」

死別や喪失の体験をしている他者に対して、傍(かたわら)にいる人に、何ができるというのでしょうか?悲しみを持つ人に、どのように接すのがよいのでしょうか?
東日本大震災で活動したボランティアも、喪失体験を背負った他者と接して、戸惑うことが少なからずあったと言われています。
こうした問いに「寄り添う」という言葉が返ってくることが多いですが、「寄り添う」とは、いったい何をすることなのでしょうか?どう接し、どのように言葉を返すことなのでしょうか?
今回の2日間では、「寄り添うを体験する」などのワークを通じて、参加者みんなで、個々それぞれなりの「悲しみへの寄り添い」を考えていきたいと思います。
この場に関心を抱かれたり、自分にいまこうした場が必要だと思うあなたのご参加を心からお待ちしています。

■日時:2011年10月1日(土) 13時30分~10月2日(日)17時30分
■会場:浄土宗應典院・大蓮寺
(大阪市営地下鉄 谷町九丁目または日本橋駅下車徒歩7分)

■参加費(宿泊費・食費は含みません)
一般 15,000円 / 学生 10,000円
・大蓮寺での宿泊も可能です(4000円追加徴収)。ただし、タオル類は各自ご持参ください。
※9月18日以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。(9月18日以降=参加費の50%、WS当日=100%のキャンセル料をいただきます)

■対象
・どなたでも参加できます。年齢、活動分野、経験などは問いません。
・被災地でのボランティア活動経験をお持ちの方、自分の生き方/行く末をじっくり考えたい方、ヒューマンサービス分野で活動されている方、「今」を駆け抜けている若者の方、特にお勧めです。
・2日間通して参加できる方

■定員:15名程度(先着順)

■プログラム
<1日目>
13:00 開場・受付
13:30 オープニング
13:45 セッション1「お互いに出会う」
14:30 セッション2「<悲しみへの寄り添い>を聴く」
15:30 セッション3「<悲しみへの寄り添い>を体験する」
17:30 セッション4「<悲しみへの寄り添い>を語る(1)」
19:00 夕食(任意参加)
20:00 入浴(大蓮寺ご宿泊の方)
21:00 交流会(任意参加)
23:00 散会

<2日目>
06:30 起床
07:00 朝のお勤め
08:00 朝食・宿泊場所のお掃除
09:30 セッション5「<悲しみへの寄り添い>を学ぶ」
12:00 各自自由に昼食
13:30 セッション6「<悲しみへの寄り添い>を語る(2)」
17:00 ふりかえり「明日に向かって」
17:30 プログラム終了

*プログラムは参加者の関心に応じて組み替えていきます。

■ゲスト:
◎秋田光彦さん(浄土宗大漣寺・應典院)
1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られる。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大蓮寺・應典院住職。パドマ幼稚園園長。目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連とグリーフワークとしての葬送。著書に。『葬式をしない寺』(新潮新書、2011年)、共著に『日本人と死の準備』(角川SSC新書、2009年)、『地域を活かすつながりのデザイン』(創元社、2009年)など。

■ファシリテーター
◎青木将幸(青木将幸ファシリテーター事務所)
ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。

◎川中大輔(シチズンシップ共育企画)
兵庫県生まれ。98年から市民活動に関わり始め、青少年支援・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。01年から、一人ひとりが活きる参加型社会を目指して、全国各地で市民活動や市民教育に関するワークショップのファシリテーターを担当。03年に「市民としての意識と行動力」を育む学びの場をつくるシチズンシップ共育企画を設立。祖母との死別を機にデス・エデュケーションにも関心を持つようになり、07年より「生と死の共育ワークショップ」を展開。「わたし」を大切にしながら、社会との関わりをつくっていく「生きかた」を実現するため、「まなぶ・はたらく・しぬ」という行為と社会との関係に関心を持っている。上智大学グリーフケア研究所非常勤講師なども務める。

■主催:シチズンシップ共育企画

■共催:大蓮寺・應典院、青木将幸ファシリテーター事務所

生と死の共育ワークショップ vol.4「あなたは誰に看取られたいか?」

「もう僕も老いたからなぁ、アカンわぁ…」
「老けへんようにせなあかんのちゃう?…」
「いやぁ、老いたくないよねぇ…」

日常生活でそんなフレーズをよく聞きます。
ついつい私も口にしてしまいます。

「アンチエイジング」
という言葉で表現されているように、
「老いること」はどうも良くないこと、
と世間では受け止められがちのようです。

しかし、いくら「アンチだ」と言っても、
私たちは「老いる」ことから逃げられません。

そうであればこそ、
きちんと「老いること」と向き合ってみて
自分の「ありたい老いかた」を考えて、
老いていく、つまり、生きていくことが
必要なのではないでしょうか。

「老いる」ってどういうことなんか?
決して悪い側面ばかりではないでしょう。
良い側面もきっとあるはずです。

今回のワークショップでは、
演劇ワークショップをされている方もゲストにお招きし、
「老い」というものを演劇的に表現するなどして、
「アタマ」だけではなく「からだ」を通じても
捉えてみたいと思います。
みなさんは、
どんな風に齢を重ねてゆきたいと思いますか?

私は全国各地のワークショップで
いろんなご老人の方々と接して、
自分の中に「こうありたい」という像が
ぼんやりと浮かんできています。
でも、まだ固まりきっていません。

「老い」をめぐる
いろんな人の考えに触れながら、
自分の内なる声にも耳を傾け、
これからの自分の「生きかた」を
ゆっくりと考える時間を
一緒に持ちませんか?

「いかに生きるか?」を考えるということは
「どのように老いていきたいのか?」ということ。

その問いへの答えは「ひとつ」ではありません。
その答えは人それぞれです。
しかし、他者の考えや思いに触れてみるとと、
「自分なりの答え」が豊かになります。

ご関心のある皆さんのご参加を
心からお待ちしています。

もちろん、「死」や「老」といったことについて、
これまできちんと考えたこともない、
そういった方でもご参加いただければと思います。

*「生と死の共育ワークショップ」は、2007年から大阪の應典院にてスタートしたシチズンシップ共育企画主催のワークショップ。1回目は「自死(自殺)」、2回目は「お葬式」をテーマにして「死ぬ」ということと真正です面から向き合い、そこから「生きること」を捉え直しました。第3回目の今回は、死への過程にある「老い」をテーマにします。
■日時
2009年11月14日(土) 13時~11月15日(日)17時

■会場
浄土宗應典院・大蓮寺
(大阪市営地下鉄 谷町九丁目または
日本橋駅下車徒歩7分)

■参加費(宿泊費・食費は含みません)
一般 15,000円 / 学生 10,000円

・大蓮寺での宿泊も可能です(4000円追加徴収)。
ただし、タオル類は各自ご持参ください。

※10月31日以降のキャンセルは、
キャンセル料をいただきます。ご了承ください。
(10月31日以降=参加費の50%、
WS当日=100%のキャンセル料を)

■対象
・どなたでも参加できます。
年齢、活動分野、経験などは問いません。

・自分の生き方をじっくり考えたい方、
介護・看護や青少年支援といった
ヒューマンサービス分野で活動されている方、
ファシリテーターの方、
「今」を駆け抜けている若者に特にお勧めです。

・2日間通して参加できる方

■定員:15名程度

■プログラム
<1日目:「老いる」とはどういうことか?>
12:45 開場・受付
13:00 オープニング
13:30 セッション1「老いをイメージする」
14:30 セッション2「老いを演じる・感じる(1)」
17:00 セッション3「老いを聴く」
18:00 ふりかえり
19:00 夕食(任意参加)
20:00 入浴(大蓮寺ご宿泊の方)
21:00 交流会(任意参加)
23:00 散会

<2日目:どう「老い」ていきたいか?>
09:00 セッション4「老いを演じる・感じる(2)」
12:00 各自自由に昼食
13:30 セッション5「老いを語る」
15:30 ふりかえり 17:00 プログラム終了

■ゲスト
●岡野真大さん(演劇ユニット「ケービーズ」)
1973年・京都府生まれ、大阪府在住。現在の職業は、京都市内の私立小学校教員。
京都教育大学在学中から舞台演劇をはじめ、現在は演劇ユニット「ケービーズ」で劇作・演出、出演、企画制作を手がける。「小劇場系」とよばれる、観客数100人にも満たないような小さな空間での舞台作品を中心に、京都・大阪で活動中。
近年は、演劇と教育を横断する活動が多く、児童・生徒への演劇指導や、「演劇とコミュニケーション」を題材にしたワークショップの講師などをおこなっている。主な活動として、京都市東山青少年活動センター・若手アーティスト育成支援企画「東山ステージ・サポート・プラン」運営参画(02年~)や同センター・創造活動ボランティアチーム「創活番」チーフ(05年~)。

●長尾文雄さん(聖マーガレット生涯教育研究所)
1940年生。関西学院大学文学部卒。関西学院大学職員、関西いのちの電話事務局長等を経て、現在フリーランス。聖マーガレット生涯教育研究所(SMILE)主任研究員、大阪女学院大学・短期大学非常勤講師、社団法人好善社理事、NPO法人ブレーンヒューマニティー理事などを兼務。
ラボラトリー・トレーニング(Tグループ・トレーニング)を基本にボランティア養成、青少年指導者養成、傾聴ボランティア養成などの教育実践活動、援助専門職養成およびスーパービジョンを行なう。
29歳の時に進行性筋萎縮症を発症。ゆっくりと進行する身体の不自由さと付き合って40年。現在は車いすで介助を受けながら生きる自らの「老い」に関心を持っている。

●秋田光彦さん(浄土宗大蓮寺・應典院)
1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られる。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大蓮寺・應典院住職。パドマ幼稚園園長。
目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連。共著に『日本人と死の準備』(角川SSC新書、2009年)、『地域を活かすつながりのデザイン』(創元社、2009年)など。
■ファシリテーター
●川中大輔(シチズンシップ共育企画)
兵庫県生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。01年から全国各地でNPOマネジメント研修やコミュニケーショントレーニングをはじめとする教育ワークショップのファシリテーターを担当。03年に「市民としての行動力」の向上を支援するシチズンシップ共育企画を設立し、現在同代表。
祖母の死と自分が向き合う中で「生と死の教育」の必要性を痛感し、07年より「生と死の共育ワークショップ」を展開。「いかに働くか?」だけでは「いかに生きるか?」を考えるには不十分にも関わらず、今の若者は「生きかた」としっかり向き合う機会が少ないことに問題意識を持っている。「生きかたの哲学」を構築するワークショップの開発が最近の関心。

●青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)
ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。
友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。
現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。
■主催:シチズンシップ共育企画

■共催:大蓮寺・應典院、青木将幸ファシリテーター事務所

生と死の共育ワークショップ vol.3「<老い>を表現する」

「もう僕も老いたからなぁ、アカンわぁ…」
「老けへんようにせなあかんのちゃう?…」
「いやぁ、老いたくないよねぇ…」

日常生活でそんなフレーズをよく聞きます。
ついつい私も口にしてしまいます。

「アンチエイジング」
という言葉で表現されているように、
「老いること」はどうも良くないこと、
と世間では受け止められがちのようです。

しかし、いくら「アンチだ」と言っても、
私たちは「老いる」ことから逃げられません。

そうであればこそ、
きちんと「老いること」と向き合ってみて
自分の「ありたい老いかた」を考えて、
老いていく、つまり、生きていくことが
必要なのではないでしょうか。

「老いる」ってどういうことなんか?
決して悪い側面ばかりではないでしょう。
良い側面もきっとあるはずです。

今回のワークショップでは、
演劇ワークショップをされている方もゲストにお招きし、
「老い」というものを演劇的に表現するなどして、
「アタマ」だけではなく「からだ」を通じても
捉えてみたいと思います。
みなさんは、
どんな風に齢を重ねてゆきたいと思いますか?

私は全国各地のワークショップで
いろんなご老人の方々と接して、
自分の中に「こうありたい」という像が
ぼんやりと浮かんできています。
でも、まだ固まりきっていません。

「老い」をめぐる
いろんな人の考えに触れながら、
自分の内なる声にも耳を傾け、
これからの自分の「生きかた」を
ゆっくりと考える時間を
一緒に持ちませんか?

「いかに生きるか?」を考えるということは
「どのように老いていきたいのか?」ということ。

その問いへの答えは「ひとつ」ではありません。
その答えは人それぞれです。
しかし、他者の考えや思いに触れてみるとと、
「自分なりの答え」が豊かになります。

ご関心のある皆さんのご参加を
心からお待ちしています。

もちろん、「死」や「老」といったことについて、
これまできちんと考えたこともない、
そういった方でもご参加いただければと思います。

*「生と死の共育ワークショップ」は、2007年から大阪の應典院にてスタートしたシチズンシップ共育企画主催のワークショップ。1回目は「自死(自殺)」、2回目は「お葬式」をテーマにして「死ぬ」ということと真正です面から向き合い、そこから「生きること」を捉え直しました。第3回目の今回は、死への過程にある「老い」をテーマにします。
■日時
2009年11月14日(土) 13時~11月15日(日)17時

■会場
浄土宗應典院・大蓮寺
(大阪市営地下鉄 谷町九丁目または
日本橋駅下車徒歩7分)

■参加費(宿泊費・食費は含みません)
一般 15,000円 / 学生 10,000円

・大蓮寺での宿泊も可能です(4000円追加徴収)。
ただし、タオル類は各自ご持参ください。

※10月31日以降のキャンセルは、
キャンセル料をいただきます。ご了承ください。
(10月31日以降=参加費の50%、
WS当日=100%のキャンセル料を)

■対象
・どなたでも参加できます。
年齢、活動分野、経験などは問いません。

・自分の生き方をじっくり考えたい方、
介護・看護や青少年支援といった
ヒューマンサービス分野で活動されている方、
ファシリテーターの方、
「今」を駆け抜けている若者に特にお勧めです。

・2日間通して参加できる方

■定員:15名程度

■プログラム
<1日目:「老いる」とはどういうことか?>
12:45 開場・受付
13:00 オープニング
13:30 セッション1「老いをイメージする」
14:30 セッション2「老いを演じる・感じる(1)」
17:00 セッション3「老いを聴く」
18:00 ふりかえり
19:00 夕食(任意参加)
20:00 入浴(大蓮寺ご宿泊の方)
21:00 交流会(任意参加)
23:00 散会

<2日目:どう「老い」ていきたいか?>
09:00 セッション4「老いを演じる・感じる(2)」
12:00 各自自由に昼食
13:30 セッション5「老いを語る」
15:30 ふりかえり 17:00 プログラム終了

■ゲスト
●岡野真大さん(演劇ユニット「ケービーズ」)
1973年・京都府生まれ、大阪府在住。現在の職業は、京都市内の私立小学校教員。
京都教育大学在学中から舞台演劇をはじめ、現在は演劇ユニット「ケービーズ」で劇作・演出、出演、企画制作を手がける。「小劇場系」とよばれる、観客数100人にも満たないような小さな空間での舞台作品を中心に、京都・大阪で活動中。
近年は、演劇と教育を横断する活動が多く、児童・生徒への演劇指導や、「演劇とコミュニケーション」を題材にしたワークショップの講師などをおこなっている。主な活動として、京都市東山青少年活動センター・若手アーティスト育成支援企画「東山ステージ・サポート・プラン」運営参画(02年~)や同センター・創造活動ボランティアチーム「創活番」チーフ(05年~)。

●長尾文雄さん(聖マーガレット生涯教育研究所)
1940年生。関西学院大学文学部卒。関西学院大学職員、関西いのちの電話事務局長等を経て、現在フリーランス。聖マーガレット生涯教育研究所(SMILE)主任研究員、大阪女学院大学・短期大学非常勤講師、社団法人好善社理事、NPO法人ブレーンヒューマニティー理事などを兼務。
ラボラトリー・トレーニング(Tグループ・トレーニング)を基本にボランティア養成、青少年指導者養成、傾聴ボランティア養成などの教育実践活動、援助専門職養成およびスーパービジョンを行なう。
29歳の時に進行性筋萎縮症を発症。ゆっくりと進行する身体の不自由さと付き合って40年。現在は車いすで介助を受けながら生きる自らの「老い」に関心を持っている。

●秋田光彦さん(浄土宗大蓮寺・應典院)
1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られる。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大蓮寺・應典院住職。パドマ幼稚園園長。
目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連。共著に『日本人と死の準備』(角川SSC新書、2009年)、『地域を活かすつながりのデザイン』(創元社、2009年)など。

■ファシリテーター
●川中大輔(シチズンシップ共育企画)
兵庫県生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。01年から全国各地でNPOマネジメント研修やコミュニケーショントレーニングをはじめとする教育ワークショップのファシリテーターを担当。03年に「市民としての行動力」の向上を支援するシチズンシップ共育企画を設立し、現在同代表。
祖母の死と自分が向き合う中で「生と死の教育」の必要性を痛感し、07年より「生と死の共育ワークショップ」を展開。「いかに働くか?」だけでは「いかに生きるか?」を考えるには不十分にも関わらず、今の若者は「生きかた」としっかり向き合う機会が少ないことに問題意識を持っている。「生きかたの哲学」を構築するワークショップの開発が最近の関心。

●青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)
ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。
友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。
現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。

■主催:シチズンシップ共育企画

■共催:大蓮寺・應典院、青木将幸ファシリテーター事務所

生と死の共育ワークショップ vol.2「『自分のお葬式』はどうあげられたいか?〜『死』との向き合い方を考える〜

昨年11月、大阪の應典院にて
「『もう死にたい』という友人にあなたはどう接するか?」というテーマで、
生と死の共育ワークショップの第1回目を行いました。

お寺という空間で、ひとつの答えがあるわけではない
「死ぬこと/生きること」をおそるおそる、でも、「真正面」から向き合える、
貴重な時間を分ちもちました。

「死ぬ」ということについて話し合ったり、
考え合ったりすることは、どうしても避けられがちですが、
誰もが向き合うこととなる「死」については、
もっと向き合う時間が必要があることを
昨年のワークショップで、自分自身、身をもって実感しました。

人間いつかは死ぬ存在。
その「死」ともっと向き合う時間を共にわかちもちたい、
その思いから、「死と生」について学びあう
ワークショップを昨年から行なうことにいたしました。

第2回目となる今回は、
「自らがどう葬送されたいか?」
という問いをたてました。

「お葬式」という生者と死者が共に過ごす
場の持つ意味を探りながら、
自分が死ぬとき、どのように記憶され、見送られていきたいのか、
その「ありたい死」を考えた時に、私はいま何をすべきかという問いが
深みをもっておとずれるのではないかと考えています。
「よく死ぬことはよく生きることだ。」
という言葉があります。

自分や他者の「死」と向き合いながら、
これからの自分の「生きかた」を
ゆっくりと考える時間を共にしませんか?

今回もゲストは多様です。

新しい「葬式文化」を創造しているお坊さん、
古代の生活のありようから現代社会のありようを問うている研究者、
人と人とが関わり合うワークショップを開発するファシリテーター。

参加者同士も含めて、いろんな人の死生観に触れながら、
自分の内の声に耳を傾ける時間へのご参加、
心からお待ちしています。

「死」と向き合う、これまでそんなこと、考えたこともない、
そういった方でもご参加いただければと思います。
■日時
2008年12月6日(土) 13時~12月7日(日)17時

■会場
浄土宗應典院・大蓮寺
(大阪市営地下鉄 谷町九丁目または日本橋駅下車徒歩7分)

■参加費(宿泊費・食費は含みません)
一般 10,000円 / 学生 5,000円

・大蓮寺での宿泊も可能です(4000円追加徴収)。
ただし、タオル類は各自ご持参ください。

※11月22日以降のキャンセルは、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。
(11月22日以降=参加費の50%、WS当日=100%のキャンセル料を)

■対象
・どなたでも参加できます。年齢、活動分野、経験などは問いません。

・自分の生き方をじっくり考えたい方、介護・看護や青少年支援といった
ヒューマンサービス分野で活動されている方、ファシリテーターの方、
「今」を駆け抜けている若者に特にお勧めです。

・2日間通して参加できる方

■定員:10名程度

■プログラム
<1日目>
12:45 受付
13:00 オープニング
13:30 セッション1「お葬式はなぜするのか?」
14:30 セッション2「お葬式を体験してみる」
15:00 ゲストトーク「お葬式の過去・現在・未来」
16:30 ふりかえり
17:30 オプショナルプログラム(秋田さんと行く寺町散策)
19:00 夕食・交流会
22:00 散会(大蓮寺での宿泊希望者は大蓮寺へ)

<2日目>
09:00 セッション3「自分のお葬式を考える」
12:00 各自自由に昼食
13:30 セッション4
15:30 ふりかえり
17:00 プログラム終了

■ゲスト:
●秋田光彦(浄土宗大漣寺・應典院)
1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られる。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大漣寺・應典院住職。
目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連。共著に「生命と自己」「宗教の未来と人間」など。大阪経済大学大学院非常勤講師。

●幡中光輔さん(岡山大学大学院社会文化科学研究科)
兵庫県神戸市出身。関西学院大学社会学部卒。在学中より過去の遺跡に興味を持ち、社会人として広告代理店で働く傍ら、主に東南アジアの世界遺産を歴訪。現地で生の声を聞き世界遺産の現状を知ることで、遺跡の整備・管理に関心を持つ。
現在、岡山大学大学院社会文化科学研究科博士前期課程に在籍し、考古学を専攻。日本の先史・古代を学術的な研究分野としつつも、現代と過去との対話を目指す「パブリック考古学」にも専心する。実践である遺跡の整備や管理のみならず、現代社会での過去の位置づけについて理論的枠組みからの再構築を試みる。

■ファシリテーター
●川中大輔(シチズンシップ共育企画)
兵庫県生まれ。98年から青少年支援の市民活動を始め、教育・環境・まちづくり・市民活動支援の活動に参加。01年から全国各地でNPOマネジメント研修やコミュニケーショントレーニングをはじめとする教育ワークショップのファシリテーターを担当。03年に「市民としての行動力」の向上を支援するシチズンシップ共育企画を設立。弟や祖母の死と自分が向き合う中で「生と死の教育」の必要性を痛感。世の中を担う「おとな」になっていくために考えるべきことと向き合えるワークショップの開発が最近の関心。

●青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)
ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。
友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。
現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。
■主催:シチズンシップ共育企画

■共催:大蓮寺・應典院、青木将幸ファシリテーター事務所

■協賛:株式会社阿波弥

生と死の共育ワークショップ vol.1「『もう死にたい』という友人にあなたはどう接するか?〜『死』との向き合い方を考える〜」

「親しい人が「死」に直面している時に
自分はどうしたらいいんだろう??」

個人的な話ですが、僕は祖母の死が近づいた時、
このように戸惑ってしまいました。

僕たちは、これまで「死」というものと向き合う時を
十分に持ててこなかったんじゃないか、そう実感した瞬間でした。

親しい人の「死」と本気で向き合うことは
自分自身の「死」とも向き合うことにつながります。

そこで、今回、親しい人の死との向き合い方から
自分の「死と生」について学びあうワークショップを
行なうことにいたしました。

「よく死ぬことはよく生きることだ。」
という言葉があります。

自分や他者の「死」と向き合いながら、
これからの自分の「生きかた」を
ゆっくりと考える時間を共にしませんか?

今回のゲストは、実に多様です。

新しい「葬式文化」を創造しているお坊さん、
多くの人の生きる悩みに寄り添う「いのちの電話」のトレーナー、
人と人とが関わり合うワークショップを開発するファシリテーター。

いろんな人の死生観に触れながら、
自分の内の声に耳を傾ける時間へのご参加、
心からお待ちしています。
■日時
2007年11月17日(土) 10時~17時30分(受付開始09:45)

■会場
浄土宗應典院 研修室B  http://www.outenin.com/
(大阪市営地下鉄 谷町九丁目または日本橋駅下車徒歩7分)

■参加費(食費は含みません)
一般 9,000円 / 学生 3,000円
※11月11日以降のキャンセルは、キャンセル料を申し受けます。ご了承ください。
(11月11日以降=参加費の50%、講座当日=100%のキャンセル料を)

■対象
・どなたでも参加できます。年齢、活動分野、経験などは問いません。
・自分の生き方をじっくり考えたい方、介護・看護や青少年支援と いった
ヒューマンサービス分野で活動されている方、ファシリテーターの 方、
「今」を駆け抜けている若者に特にお勧めです。

■定員 15名
■プログラム
09:45 受付
10:00 プログラム開始・オリエンテーション
10:30 他者と自分の「死」と向き合うセッション
12:00 各自自由に昼食・休憩
13:00 他者と自分の「死」と向き合うセッション(つづき)
17:00 ふりかえり
17:30 プログラム終了

■ゲスト
●秋田光彦(浄土宗大漣寺・應典院)
1955年大阪生まれ。1997年にアーツとNPOの拠点・應典院を再建。日本でいちばん若者が集まるお寺として知られる。多様なNPOと協働して、人生の完成期を支援するエンディングサポートを推進。また生前個人墓や身内葬を手掛け、現代の葬送文化に対し積極的な提言を行う。現在、浄土宗大漣寺・應典院住職。
目下の関心は、市民社会とスピリチュアリティの関連。共著に「生命と自己」「宗教の未来と人間」など。大阪経済大学大学院非常勤講師。

●長尾文雄(聖マーガレット生涯教育研究所)
1940年生。1963年関西学院大学文学部卒。立教大学キリスト教教育研究所(JICE)でTグループ・トレーニング及びラボラトリー方式の学習法を学ぶ。1982年、聖マーガレット生涯研究所(SMILE)設立、主任研究員に着任。大阪女学院短期大学非常勤講師などを兼務。社団法人好善社理事。
また1980年から関西いのちの電話の電話相談員継続研修に参画、以後訓練委員・理事・事務局長を歴任。現在は養成講座講師・継続研修リーダー及び調査研究部会委員を務める。NPO法人BrainHumanity理事も務め、不登校児童支援に関わる学生のコミュニケーショントレーニングなどを行なっている。

●青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)
ファシリテーター。様々な会議や話し合い、ワークショップの進行役として各地をわたり歩いている。
友人のうつ病と死、娘の出産などがきっかけで、人の「生死」や「こころ」のありように目を向けはじめる。お互いに温かく育みあえる関係性の構築に着目し、最近では「人生のワークショップ」「もうひとつの成人式」「女と男のワークショップ」など人生の様々なシーンにまつわるワークショップの開発を試みている。
現在、青木将幸ファシリテーター事務所代表。

■ファシリテーター
●川中大輔(シチズンシップ共育企画)
98年から青少年支援の市民活動を始め、01年から全国各 地でNPOマネジメント研修やコミュニケーショントレーニングをはじめとする教育ワークショップのファシリテーターを担当。03年に「市民としての行動力」の向上を支援するシチズンシップ共育企画を設立。世の中を担う「おとな」になっていくために考えるべきことと向き合えるワークショップの開発が最近の関心。(財)京都市ユースサービス協会企画委員、大阪経済大学大学院人間科学研究科兼任講師ほか。

■主催:シチズンシップ共育企画
■共催:青木将幸ファシリテーター事務所