川中 大輔/かわなか だいすけ

 1980年、神戸生まれ。関西学院大学社会学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。1998年から野外教育や不登校児童支援に取り組む市民活動に参加し、NPO法人BrainHumanity副理事長・事務局次長、社会事業家支援に取り組むIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]フェロー、国際青年環境NGO・A SEED JAPAN理事、公益・非営利支援センター東京コーディネーター、(財)大学コンソーシアム研究主幹、神戸市協働と参画のプラットホーム協働コーディネーター、立命館大学共通教育推進機構嘱託講師(サービスラーニング担当)などを歴任。
 2003年にシチズンシップ共育企画を設立し、参加型社会の実現を目指して、「市民としての意識と行動力」が育まれる/発揮される参加や学びの場づくりに取り組んでいる。現在、同代表。「学ぶこと」と「社会にかかわること」の両方のおもしろさがわかる「学びのデザイン」について関心を寄せ、2001年から全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当。
 2017年から龍谷大学社会学部専任教員に着任し、社会イノベーション実践に資する教育/研究に取り組んでいる。2018年から立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程後期課程にも在籍。2019年から放送大学客員准教授。
 現在は他に日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長、NPO法人まちなか研究所わくわく理事、NPO法人神戸まちづくり研究所理事、NPO法人わかもののまち理事、NPO法人こどもソーシャルワークセンター監事、NPO法人BrainHumanityフェロー、公害資料館ネットワーク監査役、サービス・ラーニング・ネットワーク運営委員、(公財)京都市ユースサービス協会企画委員、(公財)コープともしびボランティア振興財団運営委員、(公財)ひょうごコミュニティ財団専門アドバイザー、(一財)大阪府男女共同参画推進財団アドバイザー、尼崎市総合計画審議会委員、京都市はぐくみ推進審議会委員、兵庫県県民生活審議会委員なども務める。同志社大学大学院総合政策科学研究科嘱託講師、立命館大学政策科学部非常勤講師、大阪成蹊大学大学院教育学研究科非常勤講師。
履歴書・業績書はこちら『生涯学習』掲載記事、写真(フォーマルカジュアル講演中

三浦 一郎/みうら いちろう

 1981年、兵庫県姫路市生まれ。関西学院大学商学部卒。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了。(財)日本アウトワードバウンド協会の冒険教育指導者養成コース(JALT)修了。NPO法人BrainHumanity副理事長、 NPO法人岩美自然学校職員などを経て、現在は姫路市立手柄小学校教諭、シチズンシップ共育企画運営委員、NHK「総合的な学習の時間」新番組委員会委員。子ども達が探究的に学ぶことのできる場が生まれるよう「総合的な学習の時間」の単元開発に力を注ぐ。

神野 有希/じんの ゆうき

 1988年生まれ。小学校4年生から中学校3年生まで、和歌山県山中にある「学校法人きのくに子どもの村」にて学ぶ。自然と大人と、小1~高3までの友だちから多くを学び、中学校を卒業。進学した地元の公立高校で、「教育」や「学校」「学び」に対して違和感を感じ、それらの影響力の強さに、恐怖を覚える。「違和感」と「恐怖感」という負のエネルギーから始めた様々な活動をとおし、教育の可能性を感じるようになる。
 大阪府公立小学校で常勤講師を経て、現在は学校法人きのくに子どもの村学園職員、一般社団法人はらいふ理事。シチズンシップ共育企画では、事業コーディネーター(2008-2009)を経て、2011年より現職。

木上裕貴/きがみ ひろき

 1989年、京都府船井郡生まれ。京都産業大学経営学部卒。2011年、大学在学中にシチズンシップ共育企画「ユースACTプログラム」のボランティアスタッフとして活動。高校生とのまちづくり活動を通じ、市民の主体的な活動のサポートに関心を持ち、大学卒業後は中間支援を行うNPO法人シミンズシーズの職員へ。現在は同法人の理事となり、一般財団法人明石コミュニティ創造協会に所属。両団体で兵庫県東播磨地域での市民活動や地域自治組織の支援業務を行なっている。

大本 晋也/おおもと しんや

 (独)国立青少年教育振興機構国立淡路青少年交流の家所長。1983年県立淡路盲学校勤務を皮切りに県立高校教員を18年間勤め、その間公民分野でゼミナール形式の授業等も展開。2001年 国立淡路青年の家専門職員として3年間勤務。淡路青年の家では高校生演劇ワークショップ、高校・大学・教員のためのボランティアセミナー等の主催事業を担当。淡路青年の家環境教育プログラム集の作成にも携わった。その後2004年から10年間兵庫県教育委員会に勤務。播磨東教育事務所での1年間の勤務を挟んで、主に社会教育課で勤務し、県の社会教育行政に携わった。
 2014年4月から10年ぶりに国立淡路青少年交流の家に復帰し、所長に就任。これまで培ってきた社会教育・生涯学習の現場での経験を生かし、国立淡路の企画する教育事業や研修支援事業の一層の充実を図りたいと考えている。舞台芸術を趣味とし、現在は演劇から音楽イベントまで、主に音響を担当している。

東末 真紀/とうすえ まき

 1971生まれ。神戸大学学生ボランティア支援室ボランティアコーディネーター。看護師(神戸市中央市民病院)、NPO法人自然スクールトエック、NPO法人神戸まちづくり研究所の職員を経て現職へ。NPO職員時代は「主体性の尊重」を軸に、青少年育成のための野外活動、指導者養成、NPO支援、地域拠点立ち上げ、住民主体の復興まちづくりの支援などに従事。現在は学内だけにとどまらずボランティアを行う学生団体とともに現場に出かけ、双方ともに豊かになれるような関係の構築に力を入れている。

井出 大地/いで たいち

 1985年、京都府宇治市生まれ。滋賀大学大学院教育学研究科学校教育専修修了。学校教育以外の教育に興味をもち、学生団体やNPOの教育活動に取り組む。2008年、シチズンシップ共育企画「ユースACTプログラム」事務局スタッフとして活動。
 学生の自由な実践の場と地域の子どもたちの豊かな環境づくりを目指し、クラブスクール「TOPOS(トポス)」の運営や市民団体「大津ふるさとづくりフォーラム」事務局長、キャリアリンク(株)勤務を経て、現在は京都文教大学職員。

城木 信浩/しろき のぶひろ

 1985年、京都府生まれ。2013年3月、滋賀大学大学院教育学研究科国語教育専修修了。シチズンシップ共育企画では、2008年度(事務局担当)、2013年度(探究コース担当)に、ユースACTプログラムで活動。大学院では、滋賀県で大津の三田川、セタシジミなどをテーマにした体験学習プログラムを実践研究。「『体験を通して起こることば』が、学習者の『学び』にどのように関わっているのか」という問題意識を活動の中心に据えている。現在、大津市立小学校教諭。

古田 雄一/ふるた ゆういち

 1987年生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程教育基礎学専攻を経て、2016年度より大阪国際大学短期大学部に専任講師として着任。2019年度より同准教授。博士(教育学)。日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)共同代表、湘南まちいくプロジェクトメンバー(設立者)ほか。日米の学校におけるシティズンシップ教育の研究に取り組む傍ら、高校生を対象とした実践に携わってきた経験を生かし、短期大学での授業や課外活動を通じた短大生へのシティズンシップ教育の機会づくりにも取り組んでいる。

松井康次/まつい こうじ

 1991年生まれ。立命館大学政策科学部卒。同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャルイノベーション研究コース修士課程修了。学部在学時に災害救援を行うNPO法人に所属し、全国各地での被災地支援を経験、修士課程では障害者を家族にもつ子どもを対象に、当事者の抱える悩みや葛藤に向き合う。学生時代の経験から対人支援に関心を持ち、自身の家族の経験から障害を抱えながら社会生活を送ることの困難さに問題意識を持つ。現在(株)LITALICOにて障害者の就労移行支援所の運営に携わりながら、多様な人にとって働きやすい職場環境を模索している。