シチズンシップ共育企画

  • 団体概要
  • 役員・スタッフ紹介
  • 現在進行中の事業
  • 活動実績
  • 募集情報
  • 依頼について
  • 資料・レジュメ
  • シチズンシップ共育企画Facebook
  • 川中大輔Twitter
  • J-CEF日本シティズンシップ教育フォーラム
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

役員・スタッフ紹介

コアスタッフ

川中 大輔
[代表・ファシリテーター]
川中 大輔/かわなか だいすけ
 ファシリテーター。神戸生まれ。1998年から野外教育や不登校児童支援に取り組む市民活動に参加し、NPO法人BrainHumanity副理事長・事務局次長、社会事業家支援に取り組むIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]フェロー、国際青年環境NGO・A SEED JAPAN理事、公益・非営利支援センター東京コーディネーター、(財)大学コンソーシアム研究主幹、立命館大学共通共育推進機構講師(サービスラーニング担当, 任期付専任)、神戸市協働と参画のプラットホーム協働コーディネーターなどを歴任。
 2003年にシチズンシップ共育企画を設立し、参加型社会の実現を目指して、「市民としての意識と行動力」を育む学びの場づくりに取り組んでいる。現在、同代表・ファシリテーター。「学ぶこと」と「社会にかかわること」の両方のおもしろさがわかる「学びのデザイン」について関心を寄せ、2001年から全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当(年間90本程度)。2013年から日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長。
 立命館大学政策科学部、甲南大学共通教育センター、甲南女子大学文学部、神戸国際大学経済学部、大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科、国立明石工業高等専門学校で非常勤講師を務める。
 NPO法人まちなか研究所わくわく理事、NPO法人神戸まちづくり研究所理事、(公財)京都市ユースサービス協会企画委員、(一財)大阪府男女共同参画推進財団理事ほか公職多数。
業績一覧 プロフィール

役員

 

大本晋也
[運営委員]
大本 晋也/おおもと しんや
(国立淡路青少年交流の家所長)
(独)国立青少年教育振興機構 国立淡路青少年交流の家所長。1983年県立淡路盲学校勤務を皮切りに県立高校教員を18年間勤め、その間公民分野でゼミナール形式の授業等も展開。2001年 国立淡路青年の家専門職員として3年間勤務。淡路青年の家では高校生演劇ワークショップ、高校・大学・教員のためのボランティアセミナー等の主催事業を担 当。淡路青年の家環境教育プログラム集の作成にも携わった。その後2004年から10年間兵庫県教育委員会に勤務。播磨東教育事務所での1年間の勤務を挟んで、主に社会教育課で勤務し、県の社会教育行政に携わった。
 2014年4月から10年ぶりに国立淡路に復帰し、所長に就任。これまで培ってきた社会教育・生涯学習の現場での経験を生かし、国立淡路の企画する教育事業や研修支援事業の一層の充実を図りたいと考えている。舞台芸術を趣味とし、現在は演劇から音楽イベントまで、主に音響を担当している。
運営委員とは>>
東末真紀
[運営委員]
東末 真紀/とうすえ まき
(NPO法人神戸まちづくり研究所)
 1971生まれ。NPO法人神戸まちづくり研究所職員、NPO法人マザーサポートの会理事。看護師(神戸市中央市民病院)、NPO法人自然スクールトエック職員を経て神戸まちづくり研究所の職員へ。
  自然スクールトエックで培った「主体性の尊重」や「自分と他者、環境、地域社会とのつながり方」を生かして、現在は、NPO支援(運営アドバイス、活動団体立ちあげ、政策提言・仕組みづくりなども含む)、中間支援機能を持つ地域拠点の立ち上げ支援やボランティア・コーディネーターの育成、震災学習・まちづくりの研修企画、運営を行っている。
運営委員とは>>
三浦 一郎
[運営委員]
三浦 一郎/みうら いちろう
(姫路市立糸引小学校)
 1981年、兵庫県姫路市生まれ。関西学院大学商学部卒。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了。(財)日本アウトワードバウンド協会の冒険教育指導者養成コース(JALT)修了。NPO法人BrainHumanity副理事長、 NPO法人岩美自然学校職員などを経て、現在は姫路市立糸引小学校教諭。シチズンシップ共育企画運営委員。「からだ」を通して、教育を捉える試みを続けている。
運営委員とは>>
小林健司
[運営委員]
小林 健司/こばやし けんじ
(フリーランス)
 2002年より大阪で教育をテーマに活動するNPO法人JAEにて活動。2011年まで、同団体にてキャリア教育の実践に携わりながら、事務局業務全般、広報、教育プログラム開発を担当。その後、NPO法人ユースビジョン事業ディレクター、NPO 法人edge事務局、スペシャルサポートネット関西事務局を歴任。2012年より組織に捉われない新しい働き方の研究と実践を目指し独立。フリーランスとして、学校や企業、NPOとプロジェクトベースで仕事をしている。
 つながりデザイン事務局 代表、人とお金の研究室 代表、手作り楽器の森 運営委員、フェンスワークス メンバー。
運営委員とは>>
神野有希
[運営委員]
神野 有希/じんの ゆうき
(教育の多様性体感プロジェクトCORE+)
 1988年生まれ。小学校4年生から中学校3年生まで、和歌山県山中にある「学校法人きのくに子どもの村」にて学ぶ。自然と大人と、小1~高3までの友だちから多くを学び、中学校を卒業。進学した地元の公立高校で、「教育」や「学校」「学び」に対して違和感を感じ、それらの影響力の強さに、恐怖を覚える。「違和感」と「恐怖感」という負のエネルギーから始めた様々な活動をとおし、教育の可能性を感じるようになる。
 大阪府公立小学校で常勤講師を経て、現在は教育の多様性体感プロジェクトCORE+共同代表。シチズンシップ共育企画では、事業コーディネーター(2008-2009)を経て、2011年より現職。
運営委員とは>>
古田雄一
[運営委員]
古田 雄一/ふるた ゆういち
(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
 1987年生まれ。東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化専攻修士課程修了。2013年より、筑波大学大学院博士後期課程人間総合科学研究科教育基礎学専攻に在籍。修士研究では、高校生がまちや社会の課題解決に取り組むという授業を、高校の先生方とともに実践してきたほか、現在は、シティズンシップ教育やサービス・ラーニングの実践を支える教育経営・政策についての研究に取り組んでいる。また、2012年より新たな実践活動として、藤沢・鎌倉などの湘南エリアを拠点に、高校生がまちや社会に参画していく学びの場を、学校や地域で幅広く展開する「湘南まちいくプロジェクト」を立ち上げて、活動中。
運営委員とは>>
井出大地
[運営委員]
井出 大地/いで たいち
(京都文教大学)
 1985年、京都府宇治市生まれ。滋賀大学大学院教育学研究科学校教育専修修了。学校教育以外の教育に興味をもち、学生団体やNPOの教育活動に取り組む。2008年、ユースACTプログラム事務局員として活動。
 学生の自由な実践の場と地域の子どもたちの豊かな環境づくりを目指し、クラブスクール「TOPOS(トポス)」の運営や市民団体「大津ふるさとづくりフォーラム」事務局長、キャリアリンク(株)勤務を経て、現在は京都文教大学職員。
運営委員とは>>
長尾文雄
[監事]
長尾 文雄/ながお ふみお
(フリーランス)
 1940年生まれ。関西学院大学文学部卒。関西学院大学職員、関西いのちの電話事務局長、聖マーガレット生涯教育研究所(SMILE)主任研究員等を経て、現在フリーランス。大阪女学院大学・短期大学非常勤講師、社団法人好善社理事、NPO法人ブレーンヒューマニティー理事などを兼務。
 ラボラトリー・トレーニング(Tグループ・トレーニング)を基本にボランティア養成、青少年指導者養成、傾聴ボランティア養成などの教育実践活動、援助専門職養成およびスーパービジョンを行なう。

フェロー

 

湯浅雄偉
[フェロー]
湯浅 雄偉/ゆあさ ゆうい
(北海道大学大学院教育学院)
 1988年生まれ。静岡県立大学国際関係学部卒。北海道大学大学院生涯教育論講座青年期教育研究グループ修士課程。弟のひきこもりや部活動の経験から静岡県立大在学時にユースワークの実践に邁進。卒業後、研究のために大学院進学で北海道へ移住。並行して、札幌市内の若者活動施設を運営する(公財)さっぽろ青少年女性活動協会にて若者によるユースセンター設立プロジェクトに従事。2013年秋より(特活)コミュニティワーク研究実践センター月形事業所に入職。農村における「若者自立支援」を媒介に持続可能なまちづくりを展開中。担当は事業立案、広報、調査研究、買い出し、高齢者の御用聞き、農作業など何でもする。
 シチズンシップ共育企画ではインターン(長期,2010)を経て2011年3月より現職。
 
城木信浩
[フェロー]
城木 信浩/しろき のぶひろ
(大津市立仰木小学校)
 1985年、京都府生まれ。2013年3月、滋賀大学大学院教育学研究科国語教育専修修了。シチズンシップ共育企画では、2008年度(事務局担当)、2013年度(探究コース担当)に、ユースACTプログラムで活動。大学院では、滋賀県で大津の三田川、セタシジミなどをテーマにした体験学習プログラムを実践研究。「『体験を通して起こることば』が、学習者の『学び』にどのように関わっているのか」という問題意識を活動の中心に据えている。現在、小学校教諭。
木村智子
[フェロー]
木村 智子/きむら ともこ
 学生時代に、日本企業における外国人インターン受入事業、性的マイノリティの自助コミュニティ、日比国際児の法的支援等に携わる。その中で多様な人が自らのちからを発揮するしくみづくりに関心を持ち、(般財)ダイバーシティ研究所にてインターン。現在は法律扶助を担う機関で働きながら、性的マイノリティのわかものサポート、依存症自助グループのフォーラム運営、アロマテラピーをいかした健康づくり等にゆるやかに関わっている。
 シチズンシップ共育企画との出会いは2008年。友人の誘いをきっかけに運営委員会を見学。企画プロセスを丁寧にふりかえることから学ぶ、というしくみに惹かれる。その後、第1回、第2回ユースACTプログラム事務局として活動。2014年よりフェロー。

スタッフ・インターン

●学生スタッフ

  • 瀧本 愼也(立命館大学法学部)
  • 今村 崇志(龍谷大学文学部)
  • 市川 雄基(龍谷大学文学部)
  • 前田 賢志(龍谷大学文学部)
  • 今村 尚路(立命館大学法学部)
  • 小林 美穂(京都産業大学文化学部)
  • 依岡 成実(龍谷大学文学部)
  • 岩本 清楓(立命館大学法学部)
  • 石田 大智(立命館大学産業社会学部)

●臨時職員・インターン

  • 中村 一樹(京都産業大学外国語学部)

ページトップへ