Who We Are

私たちの考えるシティズンシップ教育とは?

神野:「シチズンシップ共育企画のプログラムに関わった人に学び取ってほしいこと」についてお話いただけたらと思うんですが、どういうイメージを持っておられますか?

三浦:「公共性」と言うと難しいかもしれないけど、「つながり」という言葉かな。「自分がどう社会につながるか」というか。

東末:例えば「ユースACTプログラム」に関わる子たちは、言わば公益活動の現場に関わるわけだよね。「その現場とどういう距離で身をおくのか」、その現状を測るのが、こういうプログラムだと思う。

神野:その「距離」というのは、自分と団体との距離ですか?

東末:いや、今いる自分と、取り組んでいる問題や社会との距離だね。どんな場合でも、人って自分の活き活きできる位置を探すじゃない? 現場に関わり出すと自分の位置が見えてくる。それが見えたあと、さらに関わるかどうかは本人次第だけれど。

神野:自分と社会の距離を見つける、という感じでしょうか。

東末:「見つける」というか「見る」やね。

川中:そもそも距離が見えていない状態のことが多いだろうから、「自分と社会は、今こんな距離感だよね」というのを確かめる、ということでしょうね。

東末:とは言えあくまでも短期間だから、「見る」くらいしかできないのかなという気持ちもあるけれど。

川中:それでも、「まず距離を見てみよう」ということの意味はあると思うんです。「ここに道があるよ」みたいな感じで。

三浦:その距離が見えるようになる、っていう事はすごく大きいと思うんですよね。

川中:見えるようになったところで、もうちょっと前に進みたい人は「じゃあやろう」みたいな展開があると嬉しいですね。道があることを知り、距離感を知り、その後どうしたいの?と問うていく。そういう感じ。

神野:そう考えると、自分が高校生の時は「道があること」すら、よく分からなかったですから。

東末:道はね、そのうち見えてくると思うよ。でも、たまたまその「道」に出会ったときに自分がどこにいるのか、を考えることじゃないかな。「これだけ距離、離れているのね」っていう気付きから始まるでしょう。その距離をまず測る機会って若手には少ないと思う。だからすごく価値があると思うんだよね。

ミッション

人々がアクティブな市民になるために、
民主的な対話を実感/実現するために。
市民的リテラシーを獲得した民主主義の担い手が育つ
社会の実現のために。

 民主主義社会において、私たちは常に既にこの社会を構成している大切な一員として、社会の「当事者」として、社会に参画する「権利」を有しています。だからこそ、その権利が保障される場を創り出して、或いは創出された場を支えて、市民の影響力を拡大し、民主主義を強めていきたい、そのように私たちは願っています。
 この願いを実現するためには、権利主体としての自覚を涵養しつつ、一人ひとりが自らには未来をつくりだす力が備えられているという自信を回復し、その力を活性化していくことが求められるでしょう。こうした市民が社会創造に参与するための「市民力」のエンパワメントがシチズンシップ共育企画の主たる目的です。
 特に私たちは、多様な人々との共生社会を実現する人間関係を築く「コミュニケーション力」、粘りある議論から合意形成を生み出していく「熟議力」、自らの思い描く未来から現代を捉え直して新たな問題を導き出したり、既に地域/社会で起こっている問題を見いだす「問題発見力」、その問題解決のためにリーダーシップを発揮する「マネジメント力」の涵養に力を注ぎます。同時に「市民力」のエンパワメントに取り組む教育者や支援者の「教育ファシリテーション力」の向上にも取り組みます。
 シチズンシップ共育企画は、幅広い市民が社会づくりに参画し、共に生きる社会の実現を願って、学びの場をつくる活動の企画・運営・支援・調査を行っていきます。

大切にしていること

「じぶん」になる、「しみん」になる。

シチズンシップ共育企画が大切にしていることを一言で言い表すと、『「じぶん」になる、「しみん」になる。』となります。これは言い換えれば、「自分を幸せに生きて、社会も幸せにする。」ということになります。シチズンシップ共育企画の市民教育を通じて、滅私奉公的な市民が育つのではなく、人権尊重のもとで「個」を大切にして自分らしく生きながら、社会に関わる人間が育って欲しいと考えています。ですから、「しみん」になる教育と「じぶん」になる教育の統合を図るように努めています。

ロゴの説明

団体概要

名称
シチズンシップ共育企画
(英語名称) Planning Office for Citizenship Co-Learning
設立年度
2003年4月
連絡先
〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋1-2-20 ハイツアメニティ2-203
(JR尼崎駅徒歩10分)アクセスマップ
*事務所へお越しになる際は、必ず事前に予約をお入れください。
資料
組織概要   規約   プライバシーポリシー
事業報告
2016-2017年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
決算書
2016-2017年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
過去参考資料
パンフレット(2010年ver.)

役員

川中 大輔/かわなか だいすけ [代表]

 1980年、神戸生まれ。関西学院大学社会学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。1998年から野外教育や不登校児童支援に取り組む市民活動に参加し、NPO法人BrainHumanity副理事長・事務局次長、社会事業家支援に取り組むIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]フェロー、国際青年環境NGO・A SEED JAPAN理事、公益・非営利支援センター東京コーディネーター、(財)大学コンソーシアム研究主幹、神戸市協働と参画のプラットホーム協働コーディネーター、立命館大学共通教育推進機構嘱託講師(サービスラーニング担当)などを歴任。
 2003年にシチズンシップ共育企画を設立し、参加型社会の実現を目指して、「市民としての意識と行動力」を育む学びの場づくりに取り組んでいる。現在、同代表。「学ぶこと」と「社会にかかわること」の両方のおもしろさがわかる「学びのデザイン」について関心を寄せ、2001年から全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当。
 2017年から龍谷大学社会学部専任教員。2018年から立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程後期課程にも在籍。現在は他に日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長、NPO法人まちなか研究所わくわく理事、NPO法人神戸まちづくり研究所理事、NPO法人わかもののまち理事、NPO法人こどもソーシャルワークセンター監事、NPO法人BrainHumanityフェロー、公害資料館ネットワーク監査役、サービス・ラーニング・ネットワーク運営委員、(公財)京都市ユースサービス協会企画委員、(公財)コープともしびボランティア振興財団運営委員、(公財)ひょうごコミュニティ財団専門アドバイザー、(一財)大阪府男女共同参画推進財団アドバイザー、尼崎市総合計画審議会委員、京都市はぐくみ推進審議会委員、兵庫県県民生活審議会委員などを務める。同志社大学大学院総合政策科学研究科嘱託講師、立命館大学政策科学部非常勤講師。
履歴書・業績書はこちら『生涯学習』掲載記事、写真(フォーマル/カジュアル

三浦 一郎/みうら いちろう [運営委員]

 1981年、兵庫県姫路市生まれ。関西学院大学商学部卒。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了。(財)日本アウトワードバウンド協会の冒険教育指導者養成コース(JALT)修了。NPO法人BrainHumanity副理事長、 NPO法人岩美自然学校職員などを経て、現在は姫路市立手柄小学校教諭、シチズンシップ共育企画運営委員、NHK「総合的な学習の時間」新番組委員会委員。子ども達が探究的に学ぶことのできる場が生まれるよう「総合的な学習の時間」の単元開発に力を注ぐ。

神野 有希/じんの ゆうき [運営委員]

 1988年生まれ。小学校4年生から中学校3年生まで、和歌山県山中にある「学校法人きのくに子どもの村」にて学ぶ。自然と大人と、小1~高3までの友だちから多くを学び、中学校を卒業。進学した地元の公立高校で、「教育」や「学校」「学び」に対して違和感を感じ、それらの影響力の強さに、恐怖を覚える。「違和感」と「恐怖感」という負のエネルギーから始めた様々な活動をとおし、教育の可能性を感じるようになる。
 大阪府公立小学校で常勤講師を経て、現在は学校法人きのくに子どもの村学園職員、一般社団法人はらいふ理事。シチズンシップ共育企画では、事業コーディネーター(2008-2009)を経て、2011年より現職。

木上裕貴/きがみ ひろき [運営委員]

 1989年、京都府船井郡生まれ。京都産業大学経営学部卒。2011年、大学在学中にシチズンシップ共育企画「ユースACTプログラム」のボランティアスタッフとして活動。高校生とのまちづくり活動を通じ、市民の主体的な活動のサポートに関心を持ち、大学卒業後は中間支援を行うNPO法人シミンズシーズの職員へ。現在は同法人の理事となり、一般財団法人明石コミュニティ創造協会に所属。両団体で兵庫県東播磨地域での市民活動や地域自治組織の支援業務を行なっている。

大本 晋也/おおもと しんや [シニアフェロー]

 (独)国立青少年教育振興機構国立淡路青少年交流の家所長。1983年県立淡路盲学校勤務を皮切りに県立高校教員を18年間勤め、その間公民分野でゼミナール形式の授業等も展開。2001年 国立淡路青年の家専門職員として3年間勤務。淡路青年の家では高校生演劇ワークショップ、高校・大学・教員のためのボランティアセミナー等の主催事業を担当。淡路青年の家環境教育プログラム集の作成にも携わった。その後2004年から10年間兵庫県教育委員会に勤務。播磨東教育事務所での1年間の勤務を挟んで、主に社会教育課で勤務し、県の社会教育行政に携わった。
 2014年4月から10年ぶりに国立淡路青少年交流の家に復帰し、所長に就任。これまで培ってきた社会教育・生涯学習の現場での経験を生かし、国立淡路の企画する教育事業や研修支援事業の一層の充実を図りたいと考えている。舞台芸術を趣味とし、現在は演劇から音楽イベントまで、主に音響を担当している。

東末 真紀/とうすえ まき [シニアフェロー]

 1971生まれ。神戸大学学生ボランティア支援室ボランティアコーディネーター。看護師(神戸市中央市民病院)、NPO法人自然スクールトエック、NPO法人神戸まちづくり研究所の職員を経て現職へ。NPO職員時代は「主体性の尊重」を軸に、青少年育成のための野外活動、指導者養成、NPO支援、地域拠点立ち上げ、住民主体の復興まちづくりの支援などに従事。現在は学内だけにとどまらずボランティアを行う学生団体とともに現場に出かけ、双方ともに豊かになれるような関係の構築に力を入れている。

井出 大地/いで たいち [フェロー]

 1985年、京都府宇治市生まれ。滋賀大学大学院教育学研究科学校教育専修修了。学校教育以外の教育に興味をもち、学生団体やNPOの教育活動に取り組む。2008年、シチズンシップ共育企画「ユースACTプログラム」事務局スタッフとして活動。
 学生の自由な実践の場と地域の子どもたちの豊かな環境づくりを目指し、クラブスクール「TOPOS(トポス)」の運営や市民団体「大津ふるさとづくりフォーラム」事務局長、キャリアリンク(株)勤務を経て、現在は京都文教大学職員。

城木 信浩/しろき のぶひろ [フェロー]

 1985年、京都府生まれ。2013年3月、滋賀大学大学院教育学研究科国語教育専修修了。シチズンシップ共育企画では、2008年度(事務局担当)、2013年度(探究コース担当)に、ユースACTプログラムで活動。大学院では、滋賀県で大津の三田川、セタシジミなどをテーマにした体験学習プログラムを実践研究。「『体験を通して起こることば』が、学習者の『学び』にどのように関わっているのか」という問題意識を活動の中心に据えている。現在、大津市立小学校教諭。

古田 雄一/ふるた ゆういち [フェロー]

 1987年生まれ。東京大学大学院教育学研究科修士課程、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程教育基礎学専攻を経て、2016年度より大阪国際大学短期大学部に専任講師として着任。日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)共同代表、湘南まちいくプロジェクトメンバー(設立者)ほか。日米の学校におけるシティズンシップ教育の研究に取り組む傍ら、高校生を対象とした実践に携わってきた経験を生かし、短期大学での授業や課外活動を通じた短大生へのシティズンシップ教育の機会づくりにも取り組んでいる。

松井康次/まつい こうじ [フェロー]

 1991年生まれ。立命館大学政策科学部卒。同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャルイノベーション研究コース修士課程修了。学部在学時に災害救援を行うNPO法人に所属し、全国各地での被災地支援を経験、修士課程では障害者を家族にもつ子どもを対象に、当事者の抱える悩みや葛藤に向き合う。学生時代の経験から対人支援に関心を持ち、自身の家族の経験から障害を抱えながら社会生活を送ることの困難さに問題意識を持つ。現在(株)LITALICOにて障害者の就労移行支援所の運営に携わりながら、多様な人にとって働きやすい職場環境を模索している。

湯浅 雄偉/ゆあさ ゆうい [フェロー]

 1988年生まれ。静岡県立大学国際関係学部卒。北海道大学大学院生涯教育論講座青年期教育研究グループ修士課程修了。弟のひきこもりや部活動の経験から静岡県立大在学時にユースワークの実践に邁進。卒業後、研究のために大学院進学で北海道へ移住。並行して、札幌市内の若者活動施設を運営する(公財)さっぽろ青少年女性活動協会にて若者によるユースセンター設立プロジェクトに従事。2013年秋より(特活)コミュニティワーク研究実践センター月形事業所に入職。農村における「若者自立支援」を媒介に持続可能なまちづくりを展開中。担当は事業立案、広報、調査研究、買い出し、高齢者の御用聞き、農作業など何でもする。
 シチズンシップ共育企画ではインターン(長期,2010)を経て2011年3月より現職。

長尾 文雄/ながお ふみお [監事]

 1940年生まれ。関西学院大学文学部卒。関西学院大学職員、関西いのちの電話事務局長、聖マーガレット生涯教育研究所(SMILE)主任研究員等を経て、現在フリーランス。大阪女学院大学・短期大学非常勤講師、社団法人好善社理事などを兼務。
 ラボラトリー・トレーニング(Tグループ・トレーニング)を基本にボランティア養成、青少年指導者養成、傾聴ボランティア養成などの教育実践活動、援助専門職養成およびスーパービジョンを行なう。

林 寛人/はやし ひろと [監事]

 1992年、大阪生まれ。関西学院大学人間福祉学部卒。大学1年から大学卒業までの4年間、学童保育ボランティアに関わる。卒業後、シチズンシップ共育企画のインターンや高齢者デイサービス職員を経験。2016年、大阪ボランティア協会へ入職し、現在に至る。現職では、NPO支援や総務を担当した後、主にボランティアコーディネーション業務を担当。新人コーディネーターとして日々奮闘中。社会福祉士。