川中 大輔/かわなか だいすけ

 1980年、神戸生まれ。関西学院大学社会学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。1998年から野外教育や不登校児童支援などに取り組む市民活動に参加し、NPO法人BrainHumanity副理事長・事務局次長、IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]フェロー、国際青年環境NGO・A SEED JAPAN理事、公益・非営利支援センター東京コーディネーター、(財)大学コンソーシアム京都研究主幹、神戸市協働と参画のプラットホーム協働コーディネーター、立命館大学共通教育推進機構嘱託講師(サービスラーニング担当)などを歴任。
 2003年にシチズンシップ共育企画を設立し、「市民としての意識と行動力」が育まれる/発揮される参加や学びの場づくりに取り組んでいる。現在、同代表。「学ぶこと」と「社会にかかわること」の両方のおもしろさがわかる「学びのデザイン」に関心を寄せ、2001年から全国各地で市民教育や協働まちづくり、NPOマネジメントに関するワークショップを担当。
 2017年から龍谷大学社会学部専任教員に着任し、公共社会学のアプローチから市民の社会参加や社会イノベーション実践に資する教育/研究に取り組んでいる。2019年から放送大学客員准教授。
 現在は他に日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)運営委員・事務局長、NPO法人まちなか研究所わくわく理事、NPO法人神戸まちづくり研究所理事、NPO法人わかもののまち理事、NPO法人こどもソーシャルワークセンター監事、NPO法人BrainHumanityフェロー、公害資料館ネットワーク監査役、ひょうご市民活動協議会(HYOGON)監事、(公財)コープともしびボランティア振興財団運営委員、(公財)ひょうごコミュニティ財団専門アドバイザー、(一財)大阪府男女共同参画推進財団アドバイザー、尼崎市総合計画審議会員、兵庫県県民生活審議会委員なども務める。同志社大学大学院総合政策科学研究科嘱託講師、立命館大学政策科学部非常勤講師。
履歴書・業績書はこちら『生涯学習』掲載記事、写真(ABCD